忍者ブログ

ねんど使いの巣

雑なクレイセラピー屋のゆるい活動記録。アロマもやってます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

じゃぱにーずくれいせらぴー CHINOIKE

いろいろ滞ってます。おひさしぶりでございます。

以前の日記で日本にも泥療法があるらしいことに触れましたが、2月21日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』の温泉めぐり企画に「これがジャパニーズクレイセラピーなのでは?」って感じのが登場してました。
別府の地獄温泉で現在進行形で利用されてるみたいです。
自宅でレッドクレイのお風呂に浸かったときは「血の池地獄だー!」と思ったものですが、別府の血の池温泉の映像は天然のレッドクレイバスに見えましたわ。赤くてキレー。
参考:別府 血の池地獄

別府・・・・子供のころに行ったような。
記憶には残ってないけど写真は残ってたはずだからきっと行ったんでしょう的な存在です。
いつかきちんと現地で確認してみたいですのう。・・・・いつだろう(´д`)
いいもん、それまでは調べものして知恵だけつけておくもん(>_<)

現地では布の染色にも使っていたということですが、今私たちが使っているレッドクレイの場合、ペーストやクレイウォーターが衣類やタオルに付いても色が付いたりはしません
洗濯すればすぐに落ちちゃいます。
染色関係には無知なので推測になりますが、別府の粘土が染まる理由として考えられるのは、構成物質が化学反応を起こすとか、高温でグラグラ煮るからとか?かな?
フランス産レッドクレイや別府の粘土が赤いのは酸化鉄の色が目立っているせいなので、見た目は似ているように思えても実は構成成分は全然違うんでしょうね。

本当はそこらへん調べてからアップしようかなーとも思ったのですが、そういうこと言ってるといつまでも更新できないので!
詳しくは今後の宿題ということで、今回はここまでで_ノ乙(、ン、)_

PR