忍者ブログ
19 August

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

22 June

クーラーなしの生活

夏至を過ぎたのでこれからは日が短くなる一方ですが、猛暑はこれからが本番。
クーラーのない我が家では、家の中で熱中症を起こしたりしないよう注意が必要です。

ヒートアイランド地域の真っ只中なのでかなり過酷な環境ではありますが、かれこれ10年くらい生き延びてます。
8月の日中のピークタイムなどはたまにマンガ喫茶に避難しますが。
去年は新型インフルが流行ってたので、結局家で過ごしてた気もしますが。

クーラーなしで乗り切るためにはそれなりに工夫が必要で、今の家でも最初の3年くらいは試行錯誤の連続でありました。
ベランダにプラ製の安い人工芝をひいて打ち水したり、サーキュレーターと扇風機で室内の空気をかきまわしたり。
でも熱風を循環させたところで、そこはやっぱりサウナなのですorz
我が家の構造では特に打ち水が最悪で、湿った熱風+隣家のクーラーが発する熱風が部屋になだれこんでまいります。
そして、その空気は夜になってもなかなか出ていかないのです。
そんなこんなを繰り返し、ようやく「熱い空気の進入を阻むこと」こそが命題だと気づいたのでした。

で、現在の真夏のライフスタイルはだいたいこんなかんじ。

1.朝7時ごろ窓を閉める。遅くても10時には閉める(それを過ぎると熱風が部屋に入るから)
2.扇風機をつける(夜型のときは昼間寝る)
3.熱を放出する家電やガスコンロの使用を控える(地味に大事)
4.汗をダバダバかきながら、水分補給して過ごす(塩分補給も大事)
5.13~16時くらいの室温が上がりすぎてヤヴァそうなら、涼を求めて外出(マンガ喫茶とか)
6.夜になって外気温が下がったら窓を開ける(夜型のときは深夜にお仕事)

この間、適宜シャワー浴びたり、夏向けクレイ足湯などをすればけっこうサッパリ過ごせます。

まあでも、正直、真夏は夜型のほうが過ごしやすい(´・ω・`)
閉め切った室内でも寝てれば平気だし、夜は涼しくて仕事しやすいし。
昼型だと、仕事あるときはノートPCをマンガ喫茶に持ち込んだりするのでコスト高になるますの。

・・・・・・・・・・なんだかとてとてビンボーくさい話ですね。
でももう慣れちゃったからなあ。
ふだん新陳代謝が低めなぶん、夏場にがんばるみたいな(生命体としての細胞活動的な意味で)。

我が家の例は極端だとしても、なるべくクーラーつけずに過ごしたいな~って方は、クレイ足湯やクレイパウダーなどおススメします。
けっこうイイカンジだよ!(´∀`)

※7/21追記:夏用足湯レシピを掲載しました。

【猛暑対策エピソードのリンク集・20110405現在】
クーラーなしの生活
クレイウォーター足湯のレポート足湯レシピと使い方
クレイウォーターで体を拭いてみたレポ&体拭き用レシピと使い方(後日追加)
制汗目的でのクレイパウダーの使い方
PR