忍者ブログ
16 November

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08 October

クレイセラピーでの注意事項

まず禁止事項から入ると難しい印象を与えてしまうかもしれませんが、実技の最初はやっぱり注意喚起から。
「ただしくつかってたのしいせらぴー」ですお!

■金属を避ける
・ペースメーカー等をお使いの方はクレイセラピーを行えません。
・道具類も金属製のものは向きませんが、クレイに触れる時間がごく短時間ですぐに洗い流すのであればOKです。
・口腔内の金属(歯の治療等)に関しては問題ないと思われます。

■使う直前に作る
・時間の経過とともに効果が下がっていくので、できるだけ作りおきはやめましょう。
・保存する場合は冷蔵庫に入れて1週間程度を目安にしてください。

■再利用しない
・使い終わって乾いたクレイは捨ててください。

■加熱しすぎない
・40度以上で変質する可能性があるので、温めるときは慎重に。
・お湯に加える、お湯を加えるときは入浴温度くらいを上限に。

■パッチテストを行う
・「試したいレシピそのまま」のものを二の腕の内側に塗り、5分ほどようすをみます。
・顔への刺激をみる場合は耳の後ろなどで試してください。

■乾かしすぎない
・パックや湿布として使う場合はクレイのようすをときどき確認してください。
・クレイが乾きすぎてしまった場合は、水分を与えながらゆっくりやさしく取り除いてください。

■精油は正しく使う
・クレイに精油を加える場合はこちらにも目を通してください。
【PC用】 Wikipedia アロマテラピー:精油を使用するときの主な注意点
【携帯用】 goo Wikipedia アロマテラピー:精油を使用するときの主な注意点


PR