忍者ブログ

ねんど使いの巣

雑なクレイセラピー屋のゆるい活動記録。アロマもやってます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


常備するとよい精油

本日5時間くらいこちらにアクセスできず、403エラーが表示されていました。
長らく放置していたら一発BAN!
……されたと思ったら、不具合だったそうです。よかった。

というわけで、放置を反省して更新します。


■1家に1本ラベンダー
アロマを生活に取り入れる際、とりあえずオススメしているのが「ラベンダー」です。
1本常備しておくと、いろいろ使えて便利。

個人的に、ラベンダーは「万人受けする万能精油」だと考えています。
※ただし、妊娠初期の方は禁忌です

お店で買おうとすると、名前に「真正(アブソリュート)」がつくのと、つかないのとがあるはずです。
精油の抽出方法によって名前が変わるのですが、真正(アブソリュート)は超高額なので、ふだん使いなら名無しラベンダーで十分だと思います。
うちにも真正なんてないし!

実はオススメしている当人はあまりラベンダーが好きではないのですがw
経験的に万人から好まれやすい香りだと思います。
私も嫌いではないし。

■つかいみち

・リラックスしたいとき
丸めたティッシュに2~3滴たらして枕元などに置きます。
素焼きの小皿なども使えます。
火を使わないので安全です。

・赤みができる程度のヤケド
まずはとにかく流水で患部をガンガン冷やします。
その後、患部に赤みが残ったり、ヒリヒリするようならラベンダーの原液を塗ります。
患部の広さにもよりますが、まずは1滴でようすをみます。
しばらくたって、まだ痛むようであればさらに塗ります。
1日5~6滴まで使えます。

・水ぶくれになる程度のヤケド
まずはとにかく流水で患部をガンガン冷やします。
患部が大きい、あるいは深いヤケドなら病院へ!
個人的には、患部が1センチ程度の水ぶくれならセルフケアで済ませています。

グリーンクレイにラベンダーを混ぜて患部を湿布します。
湿布の作り方についてかこちらから

数時間ごとに湿布を交換し、ラベンダーとクレイの成分を患部に供給しつづけます。
一晩でかなり楽になります。(軽ければ1~2日で水ぶくれが枯れます)

・虫さされ
原液を患部に塗ります。
1日5~6滴まで使えます。


だいたいこんな感じでしょうか。
皮膚トラブルには「とりあえずラベンダー原液ぬっとけ!」的に使えます。
ヤケドと虫さされで大活躍。

ちなみに、原液で肌に塗っていいのはラベンダーとティーツリーだけなのでご注意ください。

精油の消費期限は開封から1年間です。
大ビンから小分けして売っている通販商品などの場合、大ビンの開封からになるので注意が必要です(お店に問い合わせれば使用期限を教えてくれると思います)

それ以前でも酸化臭がしたら肌に直接塗るのは控えてください。
(古い精油でも、拡散させて香りを楽しむことはできます)
PR

精油の禁忌

今までリンクしてなかったみたいなのでご案内します。

日本アロマコーディネーター協会(JAA)が提示している禁忌一覧です。
メジャーな精油はひととおり載っています。

JAAの精油禁忌表

精油を使う際は、必ず禁忌(使ってはいけない条件)を確認してくださいね。
特に持病をお持ちの方や妊娠を望まれてる方、妊婦の方はご注意ください。
意外な精油が禁忌に該当する場合があります。

これに載っていないものも、購入前に確認したほうがよいです。
(たいてい商品といっしょに禁忌表や注意書きが同梱されていますが、買った後に使えないことがわかるとショックだし・・・)
大切なことなので、きちんとしたお店なら快く相談にのってくれるはずです。

精油購入時に気をつけたいこと

たくさんのお店でさまざまなブランドの精油が売られていますが、1つだけ注意しておきたいことがあります。

それは「計り売り」や「お試し用の小分け」として販売されているものです。

別に品質に問題があるという話ではなく、ただ単に使用期限に注意が必要ということ。

精油には使用期限があり、種類にもよりますが開封からだいたい3か月~1年です。
それ以降も使えなくはないのですが、変質するので、少なくとも肌に直接つけるのは厳禁。
アロマランプで焚いたり、お掃除スプレーなどに加工して早めに使い切ります。

さて、本題に戻りますと、工場で製造された5~10mlくらいの小瓶を自分で開封する場合は、開封日がわかります。
使用期限はそこから所定の期間です。
ですが、計り売りや小分けの場合、元の瓶の開封日がわかりません。
(ショップによっては、元瓶の開封日を考慮して「○日以内に使い切ってください」などと記載してくれるところもあります)

だから使うな、という話ではなく。
そういう事情があるので、小分けされたものをお買い求めになる際は、まずはショップに期限を確認してみてはいかがでしょうか。

そこまでしたくない、あるいはわからない場合は、どうか使用期限が短い可能性を考慮してください。
すぐに使い切る、あるいは肌につけるのを避ける等、ほんの少し気をつければいいだけです。

1回の使用量がほんの数滴なのに対し、たいていの精油は10ml瓶なので、小分け販売はとてもありがたいシステムです。
私も何度か利用したことがあります。
ですが、たとえば「小分け商品が手元に届いて、それをしばらく放置してから開封して1年後」では、すでに精油が酸化している可能性があるのです。
それを知らずに利用していると、思わぬトラブルになったり、せっかく買った精油がムダになってしまいますので、その点だけは心に留めておいてくださいにゃー。