忍者ブログ
16 November

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

28 March

意外なアレルギーにご注意

手作り化粧品やアロマクラフト、あるいはクレイに添加する材料は、日常的に口にする食品が多く登場します。
そこで思い浮かべるのは

食べても平気だから肌に塗っても平気

という論理なのですが、意外なところでアレルギー反応が出てしまうこともあるようです。
食べても平気なのに触ると腫れるって意味わかんない(≡ω≡)
でも、ほんとにあるらしいので、知っておくに越したことはありません。

1つめは はちみつ。

どうも私が該当するようで、化粧水などにすると顔が赤く腫れてしまいます。
なぜ手作り化粧品で異常が起こるのかわからずにいたのですが、友人から教えられて初めて気づきました。
ハチミツアレルギーの人は意外と多いらしく、代用にはメープルシロップを使うそうです。
伝聞調なのは、実際に代用で作ってみたことがないからで、
精油を足しただけのクレイ水なら大丈夫なので、肌荒れの時などはこちらにお世話になってます。
もともと市販品でも問題ない肌質なので、めんどいことはなるべく避けたいのですw

そして、もう1つが 塩。

最近、別な知り合いに教えてもらったのですが(そんなんばっかだな…)、
塩が皮膚に触れると赤く腫れちゃう体質の人がいるんだそうです。
その知り合いがそれに当てはまり、塩分濃度の高い温泉に入ると大変なことになってしまうそうで。
だから、バスソルトはむやみに贈り物にしないほうがいいよ、と。
ひとつ賢くなりました……。

あと、余談ですが、私は昔「キュウリの輪切りパック」で顔が真っ赤に腫れたことがあります。
かゆくて泣きそうでした。
高校生くらいだったかなあ…。
なので、たぶんクレイパック用添加物にキュウリのすりおろしは使えないはずです。
やってみれば確実にわかりますが、試す勇気がない…。
あと、ヨーグルトも若干怪しい。こちらは確証はないので、いつか気まぐれで試すかもしれません。

実はそんなこんなで、手作り化粧品にはあまりよいイメージがなかったりして(問題発言)。
一番の理由はめんどくさいからなんですが!
でも、食品だから、自然物由来だからといって安全とは限らないのは本当だと思います。
小麦の特定成分でアレルギー発症って事件、ありましたよね。

もし、どうしても市販の化粧品じゃなくて手作り化粧品がいい!って方は、
思わぬアレルギーにご注意ください。
今回挙げたもの以外でも、「なんで!?」ってありきたりな食品でトラブルが起きるかもしれません。

・・・・・クレイだけ、あるいはクレイと精油だけなら、そういう心配は少ないですよ、
と営業トークで締め(笑
※4/3追記 あくまで経験談に基づく感想で、クレイや精油でアレルギーやトラブルが起きないというわけではありません。
初めて使う精油やクレイについては十分なパッチテストが必要です。
PR